葵祭 交通

ここでは、葵祭 交通 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都3大祭りのひとつ『葵祭』

京の都の祭りといえば、かっては『葵祭』のことだったのです。『葵祭』は本来、朝鮮から渡来した京の先住民族である賀茂氏の祭りでした。上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下賀茂神社(賀茂御祖神社)という加茂氏の神社で護国豊穣を祈願する祭りが平安遷都を ...(続きを読む)


京都・葵祭り

葵祭り. 唯一 この時期の お祭りが好き. P1010514. 日差しが強くても 加茂川沿いの 木陰は. 涼やかな 風がそよぎ 気持ちいい. :. :. :. Photo :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 古都の街に ひずめ音が 響いて 心地よい. Img_5616 : ...(続きを読む)


「京都三大祭」の一つ、「葵祭」の季節ですね。

「京都三大祭」の一つ、「葵祭」の季節ですね。 この間 観た「鴨川ホルモー」を思い出しました(^o^). 初夏の都大路、華やか葵祭=京都. (http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/より). にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ ...(続きを読む)


葵祭の繕い物

今日は、葵祭でした。 宗凡先生のお宅は、下鴨神社の近くにありました。 あれは、葵祭の前だったか後だったか…。 外は眩しい光でしたが、玄路庵に着いて6畳に入るとひんやり暗く、その一角に何やら着物らしきものが、白く見えました。 ...(続きを読む)


葵祭

葵祭 牛車2 5月15日 京都の三大祭り ”葵祭” が晴天に恵まれ新緑のまばゆい京の都で午前10時30分京都御所を起点に行われました。 雅な王朝の「路頭の儀」は今から約1400年前天候不順や凶作、疫病が蔓延した時に欽明天皇が勅使を遣わし「鴨の神」の祭礼を ...(続きを読む)


09'葵祭り

「09’葵祭り」 京都の3大祭りの1つ「葵祭り」が今日(5月15日)開催されました。 騎馬警官の先導で、京都御所を10:30分ni出発し、丸太町通、 河原町道を通り、下鴨神社で一旦休息し、14:20分下鴨神社を出発した行列は、上賀茂神社へ向かいます。(続きを読む)


京都。

葵祭@下鴨神社、銀閣寺。 今年こそAちゃんに会いに福岡へ行こう! と始まった企画。 いまJR西日本には西日本パスというのがあって、金土日のうち連続2日、新幹線指定席4回、在来線乗り放題で12000円。 普通に福岡往復買うより安い。 ...(続きを読む)


葵祭 下鴨神社 糺の森

ケヤキさんの関西まちあるきブログ-糺の森 下鴨神社 葵祭 ケヤキさんの関西まちあるきブログ-糺の森 下鴨神社 葵祭 牛車も見えてきました。 ケヤキさんの関西まちあるきブログ-糺の森 下鴨神社 葵祭 ケヤキさんの関西まちあるきブログ-糺の森 下鴨神社 ...(続きを読む)


葵祭

090515葵祭斎王代 久しぶりの京都です。 これは斎王代です。 葵祭の指定席を予約していまして楽しみにしていた旅行です。 平安装束の行列を前から見て見たいと思っておりました、 古式装束の色は深い色といいますか、淡い色といいますがとてもやさしい色 ...(続きを読む)


葵祭 その1

葵祭に行ってきました~。 去年と同じ京都御所での撮影でしたが、去年とは一味違う写真を撮ろうと、同じ写真教室の方に教えていただいた場所で撮影してきました。 今回は、男性の写真ばかりを載せています。 華やかさには欠けるけど、お衣装はやっぱり ...(続きを読む)



「東京マラソン」は大阪のだんじりと京都の葵祭を抜いて、最も高揚感と権威のある....

「東京マラソン」は大阪のだんじりと京都の葵祭を抜いて、最も高揚感と権威のある祭りになったと考えてもかまいませんか?(続きを読む)


京都の三大祭りの一つでもある「葵祭」で有名な「斉王代」になる女の人は、毎年ど....

京都の三大祭りの一つでもある「葵祭」で有名な「斉王代」になる女の人は、毎年どのように選ばれているのでしょうか?また「祇園祭」に登場するお稚児さんの男の子もどういう基準でえらばれているのでしょうか?もしかして立候補??(続きを読む)



47NEWS > 共同ニュース > みやびやかに葵祭 新緑の京に平安装束の列

‎11 時間前‎
京都3大祭りの1つ、葵祭が15日、京都市で行われ、華やかな平安王朝風の装束をまとった約500人の行列が、新緑の都大路を進んだ。 京都御所から象徴のフタバアオイを付けた勅使や検非違使など平安装束の男女と牛車、馬や… [記事全文](続きを読む)



斎王代 凛と映え 葵祭

‎8 時間前‎
日差し穏やかな初夏の15日、古式ゆかしい葵祭が京都で催された。緑が映える都大路、行列の最後を斎王代の女人列が進む。十二単(ひとえ)の斎王代はもちろん、小袿(こうちぎ)や打袴(うちばかま)の伝統装束をまとった命婦(みょうぶ)、采女(うねめ)も女性の ...(続きを読む)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otoriyose0003.blog92.fc2.com/tb.php/607-43ae6030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。